インフルエンザ
 

ウイルスや細菌が気管支に感染して起こる病気です。
多くは風邪の症状に引き続いて起こります。熱と、痰のからんだひどいせきが出ます。

2歳未満[特に6か月未満]の乳幼児ではRSウイルスなどによって、より細い気管支[細気管支]に炎症が起こり、呼吸が苦しくなることがあります[細気管支炎]。

呼吸困難のサインに注意し、次の症状があったらすみやかに小児科を受診しましょう。

·         呼吸が多い

·         呼吸が苦しそう

·         鼻がふくれたり縮んだりする呼吸

·         息を吸うときに首の正面やあばら骨の間がへこむ呼吸

·         肩で息をするような呼吸

·         うめくような呼吸

·         激しくせきこむ

·         水分がとれない

 

 

子供の病気 ドクトル人形
桐朋ゴリラ
 

「ご協力のお願い」
近隣の方が迷惑しています。
・路上駐車禁止
・エンジン停止
ご協力お願いします。
       重城内科クリニック